オス猫のマーキング癖で大苦戦!失敗した対策と効果があった方法をご紹介します♪

以前猫を多頭飼いしていた時のお話です。

 

猫を6匹(オス4匹+メス2匹)を

飼っていた事があるのですが、

1匹だけマーキング(トイレトレーニング)で

苦戦した事があります。

 

オス猫がマーキングをやめない

当時私は6匹の猫を飼ってたのですが、

1匹(オス)だけマーキング癖を

なかなか直せませんでした。

 

他の猫はマーキングを覚える前に去勢したからか、

マーキング行為自体ほとんどしませんでした。

 

 

でも1匹だけ手術時期に体調を崩してしまい、

マーキングを覚えてから

去勢手術をする事になったのです。

 

だからか去勢後もマーキングを止めることはなく、

部屋中にマーキングされました。

 

 

マーキングする場所は様々でした。

 

基本的にマーキングするのは壁や部屋の隅っこ、

テレビ台の裏といった

人間から死角になる場所を好んで

マーキングしていたのです。

 

 

でも途中から所かまわず

マーキングをするようになったんですよね。

 

 

例えばおもむろに私のベッドの上に乗り、

プルプルと尻尾を震わせながらジョーっと

マーキングするんです。

 

最初は私への嫌がらせかな?

(猫は嫌がらせでベッドシーツや靴にオシッコを掛ける事があるので)と

思ったのですが、そうではない様子。

 

 

場所はベッドに限定されず、

ソファーでしたり絨毯にしたり。

 

マーキングって普通のオシッコより臭いがキツイですし、

これはなんとかせねば!

とマーキング癖を直そうと頑張ってみました。

 

 

失敗した対策

最終的には解決したものの、

「これは効果がなかった」という事もありました。

 

ウチの猫に効果がなかっただけで

他の猫には効果があるかもしれませんので

参考までにお伝えしますね。

 

 

マーキング現場を見たら怒る

何度か怒っているうちに、

本人もこれは悪い事なのかな?

と気づいたのでしょう。

 

途中から凄く後ろめたそうな感じで

マーキングをするのです。

 

 

そして私と目が合うと、

途端に目をそらして尻尾をピンと立てて震わせます

(震えてる時はジョーっと出てる時)。

 

怒るまでは私の事を意識していなかったので

悪い事をしていると気づかせる事には

成功したと思います。

 

でもマーキングを止めさせる程の

効果はありませんでした。

 

 

早期発見時はトイレへ連れていく

これは子猫にオシッコを覚えさせる時に

した方法です。

 

 

オシッコする時って特徴が出るんです。

 

 

マーキング癖のある子の場合、

まずキョロキョロしてバレないかチェックします。

 

次いでちょこんと座っり、

尻尾をピーンと立てるのです。

 

そして排出中になると尻尾を震わせます。

 

 

ですので妙にキョロキョロしだしたり、

ちょこんと座ったりしたら赤信号。

 

尻尾をピーンと立てたら超ギリギリです。

 

 

尻尾を立てるところまでいくと

止まらないようで、逃げません。

 

そのまま猫の両脇を持って

トイレまで連れていきました。

 

 

まあこれはトイレが近くにある時や

トイレまで合いそうな時限定でしたけど。

 

 

子猫のトイレトレーングなら

これで改善するのですけど、

オス猫のマーキング癖にはダメでした。

 

 

■効果があった方法はコレ!

色々試した結果、効果があったのは

次亜塩素酸水の使用

マーキングした座布団等の布の切れ端を

トイレに混ぜる事でした。

 

 

まずマーキングを防ぐためには、

以前はここでマーキングした!

という痕跡を消す必要があります。

 

マーキング臭が残っていると、

ここでマーキングしなきゃ~

という気持ちにさせてしまうからです。

 

 

そこで使ってみたのが、次亜塩素酸水でした。

 

 

私が購入したのは電気ケトルのような道具で、

そこに塩を水を入れたら出来上がるという簡単なもの。

 

道具本体はそれなりの値段はするものの、

維持費はほとんどかからないので

 

マーキングを確認出来た場所から、

ここでしてそうだな?

という怪しいと感じる部分まで

それはもうふんだんに使いました。

 

 

これはかなり効果があったようで、

室内からマーキング独特の臭いは

ほとんど感じなくなりました。

 

そして追い打ちをかけるように、

以前マーキングされた座布団の切れ端を使いました。

 

 

マーキングの臭いがキツイし

捨てようかと思ってたのですが、

ニオイのする部分をトイレの砂に混ぜてみたら

トイレでするのではないか?と考えたのです。

 

そうすると、猫は室内ではマーキングをしなくなりました。

 

その代わりトイレへ行く回数が

増えたように感じましたけど・・。

 

 

 

次亜塩素酸水で室内のマーキング臭を消し、

マーキング臭のついたものをトイレ砂に仕込む。

 

この方法で長らく苦戦したマーキングを

改善させることが出来ました。

 

 

他にも改善方法はあると思いますけど、

マーキングをどうしても矯正出来ない・・・

 

と苦戦してる方は参考にしてみてくださいね^^