蒲田駅周辺の治安は良い?悪い?住みやすさはどう?

JR京浜東北線の蒲田駅周辺の居住環境について
ご紹介したいと思います。

 

 

なお、蒲田駅周辺は商業地域のため、
蒲田に住みたいという場合、

蒲田駅から出ている東急多摩川線矢口渡駅
(蒲田から1駅)か、東急池上線の蓮沼(同1駅)・
池上駅(2駅)あたりが最寄り駅の
選択肢となるでしょう。

 

 

この記事の内容は、それらの「蒲田駅勢圏」の
各駅に共通する内容となっています。

 

 

蒲田周辺エリアへのお引越しを
検討されている方に向けて、蒲田の1駅隣、
東急多摩川線の矢口渡駅周辺に
3年住んでいる私が、良いところ、
不満を感じるところ、
ここならではという魅力などを、
できるだけ客観的な視点で
ご紹介したいと思います。

 

商業施設が充実し、都心方面への列車に
利便性のあるこの地域をおすすめしたいのは、
「一人暮らしの男性、または共働き夫婦で、
都心方面へ通勤する人」です。

 

 

【商業施設充実、遠出しなくても何でも揃います】

さすがは23区内といったところか、
商業施設については非常に充実しています。

 

住宅地内にはコンビニや小型のスーパー、
ドラッグストアがそこらじゅうにあり、
蒲田駅前まで出ればドン・キホーテ、ブックオフ、
ユニクロ、各種100円ショップといった
「庶民の味方」のお店が揃っています

 

ちょっと高級なものがほしければ、
蒲田駅ビルの「グランデュオ」に
一通りのものが揃っています。

 

 

これだけ便利なので、私の場合、
電車に乗って買い物に行くのは
大型家電量販店を利用するときと、
趣味にしているアウトドア用品を買うときぐらい。

 

どちらも多摩川を挟んで1駅隣の川崎駅で揃うので、
電車に乗るといってもものの数分です。

 

日用品は徒歩圏内で、ちょっと大きな買い物も
隣の川崎で事が済むので、
遠出は疲れるという方も
不安なく暮らすことができると思います。

 

 

【エスニック料理好きにはたまらない、充実のアジアングルメ】

蒲田周辺エリアには、インド・ネパール・
韓国から移住してきた人が多く住んでいます。

彼らのうち一部はその出身地の料理を提供する
飲食店を営んでいます。

 

特にインド・ネパール料理店の多さは
特筆に値するほど。

エスニック料理グルメの方には
文句無しにおすすめできる街です。

 

 

【町医者・病院ともに充実して医療への不安無し】

私は以前横浜のとある街に住んでいたのですが、
町医者(開業医)の数が少なく、いつ行っても
長時間待たされるのが不満でした。

 

また大病院は駅から遠く、バスやタクシーに
頼らなければ行けないところが多かったです。

体調が悪いときに気軽に訪問しにくい
というのは不安ですよね。

 

その点、蒲田エリアには各診療科とも
多くの開業医が医院を営んでおり、
また蒲田病院・本多病院・池上病院といった
大病院も駅からすぐのところにあります。

 

 

【役所は数も多く一部業務は夜間休日も対応】

蒲田駅東口すぐのところに
大田区役所があります。

 

この他、蒲田西・蒲田東・矢口・池上などに
特別出張所があり、転居届や住民票の発行、
国民健康保険や国民年金関係の手続きなどの
業務であればこれらの出張所で
済ませることができます。

 

これらは基本的に午後5時頃には
閉まってしまいますが、住民票の発行など
簡単なサービスであれば
平日夜間(午後7時まで)・土日曜日でも
区役所で行うことが可能です。

 

 

【23区内で温泉が楽しめる!】

蒲田には黒湯と呼ばれる温泉が
湧出しています。

地元密着型の銭湯や一部のビジネスホテルを
中心に配湯されていますが、最近出来た
「SPA&HOTEL和(なごみ)」という施設が
おすすめです。

 

 

蒲田駅西口すぐのところにあり、
1時間以内のスピードコースが大人1,250円、
5時間まで滞在できるレギュラーコースが
2,300円(休日は300円増、2019年7月現在)と、
いわゆる銭湯に比べると割高ですが、

その分食事処やマッサージ、仮眠もできる休憩所、
岩盤浴などといったサービスが併設されており、
ちょっとしたスーパー銭湯のように
くつろぐことができます。

 

まさに都会のオアシス。

仕事帰りに温泉、という贅沢が味わえます。

 

 

【京浜東北線の始発電車でゆったり通勤♪】

満員電車での通勤は辛いものです。

蒲田駅にはJRの車両基地があるため、
朝の東京駅方面列車を中心に、
蒲田を始発駅とする列車が数本あります。

 

始発列車なので、もちろん誰もお客さんは
乗っていない状態で駅に到着します。

少し前に並んでいれば確実に座れるのが好評です。

 

 

【羽田空港至近!旅行好きには最高の立地】

大田区には羽田空港があります。

蒲田駅からバスが出ており、
直行のシャトル便であれば25分ほどで
着いてしまいます。

 

羽田といえば国内・国外へと
日本最多の便数が就航しているターミナル。

旅行好きの方にとっては
「蒲田住み」というのは、これ以上ないほど
便利なのではないでしょうか。

 

 

蒲田駅の治安にはちょっと不安も…

ここまで蒲田エリアの良いところを述べてきましたが、
不満を感じる点が無いわけではありません。

 

それは治安。

 

といっても、重犯罪の発生率が際立って高い
ということはありません。

ひったくり等人身被害・財産被害は、
人目が多い分だけ下手な郊外の住宅地より
発生率が低いと思われます
(少なくとも私の身の回りで起きたことはありません)。

 

 

ただ、「酔っぱらいに絡まれる」
「爆音で走るバイクや自動車に驚かされる」
といった話はよく聞きます。

私自身はこの3年間で一度だけ
泥酔者に絡まれたことがあります。

 

女性の一人暮らしは、
正直に言ってあまりおすすめできません。

 

 

とはいえ子供を含むファミリーで
この地域に暮らしている人も大勢おり、

また人の目も多いため深刻な犯罪被害に
遭う可能性はそこまで高くないでしょうから、
ときどき不快な思いをするという点を
割り切ってしまうのも一つの選択肢ではあります。

 

 

【家賃相場は?】

ワンルームでも8万円が相場で、
1DK以上を探すなら8.5万円以上から、
家族で暮らすなら10万円前後を
家賃として見込む必要があるでしょう。

 

家賃は高めですが、供給量は多いため、
多くの物件を比較検討できる点は
良いところです。

 

一部の条件を譲ることで
安くできることもあります。

 

私の場合、洗濯機置場を室外で
妥協することで、やや相場より安めの部屋を
契約することができました。

 

 

【車は不要、むしろ維持費が負担になるかも】

特別な事情が無い限り、蒲田駅周辺で
生活するのに車はほぼ不要です。

むしろ駐車場代が高く、維持費が
大きな負担になるでしょう。

 

もし趣味や特別な事情で車を持ちたいという場合、
他の地域を考えた方がいいかもしれません。

 

 

【まとめ】

商業施設の利便性が高く、買い物はすべて
近場で済ませられ、都心方面への通勤も
始発列車を選べば快適、というのが
蒲田周辺エリアの特徴です。

 

逆に不安が残るのは治安面で、
安全に暮らすにはある程度の自衛が求められる
というマイナスポイントがあります。

 

豊洲や吉祥寺のような華やかさはなく
地味なイメージですが、旅行に趣味にと
アクティブに生活する方にはうってつけ。

 

都心で働く若い方、
特に買い物にあまり時間が取れない一人暮らしや
共働きの家庭の方にもおすすめしたい地域です。