力が強すぎる、偏食 シベリアンハスキーについて

私はシベリアンハスキーを飼っています。

 

シベリアンハスキーはもともと極寒の地で、

そりの牽引などに用いられてきた犬種なので

耐寒性と持久力はピカイチ。

 

温厚な性格で優しく凛とした姿は

とても魅力的なワンちゃんです。

 

しかし、そんなシベリアンハスキーだからこそ

手を焼いていた時の

エピソードをご紹介します。

 

1つ目の悩み:力強すぎて散歩が命がけ

シベリアンハスキーなのだから

仕方のないことなのですが、とにかく力が強い!

 

力が強すぎて散歩をするのが命がけです。

 

ある時、私の母が散歩をした際に

転んで怪我をしてしまったんです。

 

 

もちろんワンちゃんの方も悪気があって

引っ張ったわけではないのですが、転倒してしまいました。

 

私が散歩をしていても危ないなと思うことが

多々あったので、これはしつけを

本格的にしなくてはならないと思いました。

 

 

1.散歩になると目が変わる

我が家のワンちゃんはとにかく散歩が大好きで、

ご飯より散歩を取るくらい散歩がすきなんです。

 

 

2.興味があると興奮をする

散歩中に猫に遭ってしまうと、

狂ったかのように引っ張り威嚇を始めます。

 

 

3.川遊びが大好き

散歩コースに川があり毎回飛び込みます。

 

 

4.優しい性格

散歩の時間でない時は、

とても穏やかで優しい性格です。

 

コタツが好きでコタツによく入ります。

 

 

5.室内犬

シベリアンハスキーなのですが

室内で飼っているため、冷暖房完備の自由な生活です。

 

 

私の家のワンちゃんの性格はこの様な感じです。

 

 

ステップ1:散歩中に引っ張ったら止まる

<結果>

引っ張るごとに止まるため、前に進めない(笑)

また、力が強く止められない時があるのでダメ。

 

 

ステップ2:引っ張ったら首が締まる首輪を購入

<結果>

首が締まるが、前には進む。

 

しかしその為、舌が青くなり呼吸ができなくなるので、

とてもかわいそうで継続できず。

 

 

ステップ3:引っ張ったらワンちゃんの前にボールを落とす

<結果>

止まってボールに興味を示すが、

3、4回したらボールに興味を示さなくなる。

 

 

ステップ4:綱を2本にし2人がかりで散歩する

<結果>

逆にとても危険でした;

 

 

ステップ5:綱の持ち方を変える

<結果>

方法:綱を普通につけ、前足二本の間を通して

お腹の周りを一周回します。

 

これをを試したら、引っ張らなくなりました!

 

お腹が締まることで力が入りにくくなるようで、

もっと早くこの方法に出会いたかったです。

 

装着方法も簡単なので、力の強いワンちゃんには

オススメです。

 

 

2つ目の悩み:偏食のため、ご飯の準備が大変

さらにうちの子は偏食のため、

便秘ぎみになってしまいました。

 

ドックフードも好みの味があるみたいで、

食べるものと食べないものの差が激しいです。

 

水分が少なめな物は苦手みたいで

柔らかめのドックフードが好きみたいです。

 

 

偏食が酷かったので、とにかく

色々な種類のものを購入し食べさせました。

 

色々な物を食べているうちに、今まで

食べなかったドックフードも食べてくれる様になりました!

 

色々な味を知って美味しさがわかったのかな?と思います。

 

 

おやつも好き嫌いが激しく

1種類から2種類の物しか食べませんでした。

 

しかし、おやつも色々な種類の物をあげているうちに

いつの間にかほとんどのおやつを食べてくれる様になりました。

 

ただの食べず嫌いだぅたのかなと思います^^;

 

 

少し便秘ぎみだったため、キャベツと鶏肉を

煮た物をあげてみたところ、食いつきが違う。

 

ドックフードの何倍も食いつきがよく

一瞬で完食しました。

 

 

今まで犬用の物しか食べさせてなかったのですが

キャベツと鶏肉を似た物をたべさせたら

お通じも良くなり、益々健康になりました。

 

 

生まれたての頃からずっとドックフードだったので

新しい味を覚えてくれてよかったです。

 

 

不思議と私の家のワンちゃんは

人間の食べ物でもキャベツと鶏肉を

煮たものしか食べないので

今のところはテーブルのおかずを

取られることはありませんが、

 

また新しい味を知ってしまうと

どうなるかわからないので、

なるべくあげないようにしています。